■本場のさぬきうどん 徹麺 原田 徹 とは? 

  • はじめまして。 原田 徹 (はらだ とおる) と申します。

  • 略歴を掲載させて頂きます。

    1969年2月14日
    ・大阪市で生まれる。

    1987年3月
    ・大阪学芸高校(大阪市住吉区)卒業

    1987年4月
    ・香川県さぬき市志度町 在住

    1991年3月
    ・徳島文理大学 香川キャンパス
    文学部 日本文学科 卒業

    1991年4月
    グラフィックアーツ大阪(株)入社(東大阪市菱屋西)
    営業部に19年間 在籍

    2010月9月11日
    本場のさぬきうどん徹麺 オープン

  • 職人への憧れと夢を現実に!

  • 東大阪の印刷会社へ就職し、充実した営業活動を送り、
    積み重ねて来た経験が、未来に光を感じてきた頃でした。

    東大阪で過ごし、少しずつ思いが溢れてきました。

    職人にあこがれを感じました。定年は、自分の意志で決めたい。
    最初から最後まで自分だけで完成出来る仕事がしたい。
    幅広い年齢層の方と出会いたい。
    アルバイトで、居酒屋が楽しかった。
    幼少の頃から、うどんが好きだった。
    さぬきうどんに衝撃を受けました。
    もっと、うどんが好きになりました。
    個という小さな私にとって、広く認知度があり、伝統や歴史を感じられ、
    より身近で親しまれているものに携われる仕事。

  • 本場のさぬきうどん 徹麺 開業

  • 香川県へ渡り、さぬきうどんを習得し、お世話になった東大阪から始めようと、河内小阪で讃岐うどん店を開きました。

  • うどんとの出会い

  • 大阪うどんのデビューは、母親と商店街の買い物帰りに、立ち食いうどん店へ。ダシの美味しさを初めて感じる。 近鉄南大阪線 針中野駅すぐ西側、駒川商店街の「あめや」 (昭和42年創業。この地域の方は、「あめや」さんデビューが多いのでは!?今でも東大阪から食べに行きます)

    讃岐うどんは、父親と高松駅の中にある、さぬきうどん店!
    大阪うどんに慣れ親しんでいた私にとって、一杯のかけうどんが衝撃でした!うどんの存在感にビックリ!!
    さぬき市志度町で、学生生活が始まり、さぬきうどん巡り一色の夢のような生活(両親に感謝)。
    当時は、ガイドブックもない頃で、うどんの看板を見つければ入店!

    社会人になっても、「うどん」の文字を見つけると入り、ゴルフ場に行っても、うどん^^

    40歳の時に、印刷業界から飲食業に変わり、5年が過ぎました。

  • 一歩一歩、真っ直ぐに!

  • 初めて見る業界は、吸収しやすかったり、今までの経験が邪魔をする事もあり、全てが新鮮で楽しく感じ、地に足をつけて歩んでいるんだと思っております。

    学生の頃から、朗らかに楽しく過ごす事を心掛けてまいりました。 足りない事もございますが真っすぐに向き合って進んでまいります。 お近くに来られましたら、ぜひお立ち寄りくださいませ。 心よりお待ち致しております。

Copyright (C) scince2016 本場のさぬきうどん徹麺 All Rights Reserved.